光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

FROGGY・キンカブ投資を始めた話と購入した銘柄や投資戦略など。

今まで少額投資については色々と書いてきましたが、

今回は僕が最近始めたFROGGYとキンカブについて書きたいと思います。

簡単な解説と利用してみた感想。

どちらもSMBC日興証券のサービスで500円から株が購入できるというものです。

買い付け手数料が100万円以下であれば無料なので

従来の単元未満株投資よりはかなり使い勝手がいいと思います。

(売却時は手数料がかかります)

約定金額は注文時(前場・後場どちらか)のVWAP値なのですが

僕は寄付き価格よりはVWAP値の方がなんとなくいいなと思うので

この点もありがたい点です。

 

キンカブで購入した株もFROGGYのマイ資産に表示されるので

ほぼ同一のサービスといって差し支えないかもしれませんが

少しだけ異なる点があってキンカブの方がほんの少しだけ自由度が高いです。

 

2つのサービスの違いとしてはFROGGYは500円ごとの金額指定での取引のみですが、

キンカブの場合は500円ごとの金額指定または株数指定も出来ます。

そしてもう1つ違う点は注文受付時間でFROGGYは直近の場のみに対して

キンカブは受付時間内であれば前場・後場の選択ができます。

 

ささいな違いかもしれませんが、僕は株価が3ケタの銘柄は

キンカブで1株単位で注文して4ケタ以上の銘柄はFROGGYで

500円分注文するといった感じで使い分けています。

僕のFROGGY・キンカブ投資戦略。 

まずこのサービスを使って今後どんどん投資していこうと思っています。

ただ今までのようにETF投資も並行して続けていきます。

割合的にはこちらの方が多くなるかもしれませんが。

FROGGY・キンカブでは単元株はとても高くて買えないような銘柄だったり

連続増配・減配なし銘柄だったり高配当、四半期配当銘柄、

いつか単元化して優待を取りたい銘柄とかを買っていきたいなと思っています。

今は高配当ETFもいくつか出ていますが、信託報酬が気になる方などは

自分で銘柄選定して自分だけのポートフォリオを

作ったりするのもいいのかなと思います。

僕はiシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478)に

投資していますがこちらでも高配当銘柄を買っています。

でも今後は高配当よりも連続増配銘柄の方を増やしていきたいですね。

FROGGY・キンカブで購入した銘柄。

三菱ケミカルホールディングス(4188):1株

三菱UFJリース(8593):1株

住友商事(8053):500円分

サンドラッグ(9989):500円分

KDDI(9433):500円分

NTTドコモ(9437):500円分

蔵王産業(9986):500円分

あおぞら銀行(8304):500円分

総括

こんな感じですでにいくつかの銘柄に投資したわけですが

銘柄選定がこれまたとても楽しいので趣味みたいになっています笑

FROGGYには四季報レポートのpdfページがあるのでそれを見るのも楽しいです。

売却時は最低0.5%ほど手数料がかかってしまいますが、

最初に書いたように購入時100万円以下は手数料無料なので

少額長期投資にはとても向いていると思います。

僕はSBI証券とマネックス証券で単元未満株保有していますが

それはそのまま保有し続けるけれど単元未満投資に関しては

完全にこちらに移行します。