光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

Dji Osmo Pocketを購入して1ヶ月半ほど経ったのでレビューなど。

Dji Osmo Pocketを購入してからだいぶ時間が経ってしまったのですが

一度この辺でちょっとした使用感や思ったことなどを書いておこうと思います。

 

今回載せる画像はDji Osmo Pocket本体が写っているもの以外は

すべてDji Osmo Pocketで撮影したものです。

外観

まず本体と外箱はこんな感じ。(iPhone6S撮影)

本体には三脚穴がないので3Wayマウントアダプターを装着しています。

Dji Osmo Pocketのアクセサリー類は慎重に選ぶ必要があるので

その点についても後ほど書いていきます。

f:id:tenjousajikibou:20190313231924j:plain

Dji Osmo Pocketを使用してみてよかった点。

 やっぱりジンバルカメラなので一番の利点は手ブレ補正ですね。

今まで動画を撮る際に苦しめられてきた手ブレがきっちり抑えられているので

見る時にもストレスがなくなるしクオリティーも高く感じられます。

そして軽量コンパクトなので持ち運びもとても楽で撮影時の負担もありません。

威圧感がないので人目もそんなに気にならないのもいいですね。

 

発売当初はスマホと接続しないと設定できなかったものも

ファームアップで本体のみで出来るようになったし、本当に手軽に使えます。

 

画質もまずまずだと思います。(4KでPROモードのみ使用)

ここは人それぞれ許容範囲が違うと思うので

難しいところですが僕はこのサイズでこの画質だったら

全然いいと思うし作品撮りでも使えるんじゃないかと思います。

もちろんボケが必要とかだと難しいかもしれませんが

使い方次第ではいけると思っています。

D-Cinelikeで撮ってLUT当てるだけでも雰囲気が出ますね。

 

一眼+ジンバルには画質では到底かなわないけれど

機動性などは逆に相当有利なのでそこをどう評価するかですね。

いくら画質がよくても面倒になって使用しなければ宝の持ち腐れですし、

手軽に撮れるけれど画質は絶対一眼クオリティじゃなきゃ

嫌だっていう人だとやっぱり用途に合わないので。

Dji Osmo Pocketを使用してみていまいちな点。

まずはやっぱり三脚穴すらなくてあれもこれも別売りというのが少し辛いですね。

更にはまだ公式アイテムが出そろってなくて

サードパーティ製のアクセサリ類を選ぶこともあると思うのですが

明らかにおかしな高評価レビューがまかり通っているので

アイテム選びにも気を使います。

 

本体が軽いので少し縦揺れが出る。僕はあまり気にならないけれど

気になる人は気になるみたいです。

あとは写真も撮れるのですがなんせ液晶が小さいので単体だと

思い描いた構図とは若干違った感じに写ってたりはしますね笑

そして逆光にはだいぶ弱いです。

 

RAWも撮れるけれどDNGファイルなので対応してないソフトだと辛い。

マイク部分が手元にあるのでガサガサとノイズが入りやすい。

握り直したり持つ手を変えたりする時には特にガサガサいいますね。

今のところはこのくらいでしょうか。

Dji Osmo Pocketで撮った写真。

本当は動画と共にこの記事を書きたかったのですが

なかなか準備が整わなくて今回は写真のみですみません。

 

毎度おなじみの水曜どうでしょうの聖地・平岸高台公園。

f:id:tenjousajikibou:20190314004115j:plain

 雪まつりのトトロ雪像。

f:id:tenjousajikibou:20190314004425j:plain

 まあこんな感じで写真だと特によさは感じないですね笑

画質的にもiPhoneとそう変わらない感じでiPhoneよりも素早く撮影は

出来るけれど上述の通り、構図チェックとかは難しいので

トータルでいうとiPhoneの方が写真は撮りやすいですね。

総評

Dji Osmo Pocket素晴らしいと思います。散歩するのが楽しくなりました。

わざわざカメラバッグに入れる必要がなく普段使いのバッグに

ひょいと入れることが出来るのでちょっとしたおでかけでも

一応持っていくかってなるんですよね。

それで写真撮って出しだとなんか微妙な感じですが

D-Cinelikeで動画を撮ると柔らかい感じで本当にいいんですよ。

LUTあてると映画みたいな感じにもなりますし。

いつかミラーレス用のジンバルを再購入しようと思っていたけれど

しばらくはこれだけでいいかなって思うくらい僕の中ではしっくりきてます。

ちょうどいいサイズに許容範囲の画質。

今だったらスマホ+ジンバルですら少し大きく感じてしまいます。

スマホとの相性とかを気にしなくていいのもいい点ですね。

 

最後にサードパーティー製のアクセサリ選びですが、

☆の数に惑わされずにレビュー内容を確認すれば

サクラ的なのはだいたい判断できると思います。

パターンとしては日本語が明らかにおかしい、名前だけ変えて

レビュー内容がほぼ同じかひどい時はまったく同じ等。

 

僕が購入したマウントは↓の3wayの方です。

2500円とけっこう高いです。

でもしっかりフィットしていて外れることもないし悪くはないです。

使用後でも60日返金・返品できると書いてあるので

その点も安心材料かと思います。参考にどうぞ。