光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

SONYのミラーレス一眼カメラα7Ⅲがソフトウェアアップデートで動物にも瞳AFが使えるようになるらしい話。

本日SONYからαシリーズに関するお知らせがいくつか出ましたね。

その中で世間的に一番大きな話題なのはやっぱり新機種のα6400の発表でしょうか。

α6400に関しても近日中に記事を書こうかなと考えていますが、

すでに発売中のα9、α7RⅢ、α7Ⅲのソフトウェアアップグレード、

アップデートもけっこう大きな内容だと思うので

今日は僕の持っているα7Ⅲをメインにそのへんについて触れていこうと思います。

 

上記の3機種の中でやっぱり別格な内容なのがα9ですね。

ざっくりかくとAFの強化、階調表現の向上と画質の向上、

その他データの扱いに関して便利になるような機能が

強化されるとのことです。

 

α7Ⅲに関しての目玉はAFの強化でタイトルどおり動物にも

瞳AFが対応予定らしいです。

これはすごく嬉しいですね!

ペットを飼っている方やそうでなくても野良猫を撮ったり

動物園の動物を撮ったりするのが好きな方もたくさんいると思います。

でもAFの強化に関して少し気になる点もあって

それはα6400は標準搭載、α9でも対応予定のフォーカスする瞳を

左、右、オートと任意選択できる機能がα7Ⅲの方には記載がないようなので

そこは対応しないのか気になっています。

僕は瞳AFよく使うわりにあんまり気にしたことがないけれど

「自分で左右どちらか選べたらなー」なんて声がわりとあったんですよね。

だからこの点気になっている人はけっこういるかと思います。

 

これ以外はカメラに関することというよりは

編集ソフトの機能向上っていう感じのようです。

 

触ったことないので分からないけれど内容を見てると

α9はもしかしたら新機種かっていうくらいに生まれ変わるのかもしれませんね。

僕はα7Ⅲの瞳AFが動物にも対応してくれるだけでもとても嬉しいです。

4月頃の予定らしいですがアップデートが今から楽しみです。