光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

SONYのα7Ⅲでの遊び用に1万円以下で買える激安Eマウントレンズが気になる。

実は激安かつ変わり種のEマウントレンズがずっと気になっていて

α7Ⅲのボディが届いたけれど同時に注文したSEL85F18が入荷未定、

それなら純正で一番安いSEL50F18を購入しようと思ったら

そちらも入荷未定という悲惨な状況になった時に

買おうかどうしようかちょっと迷った激安レンズがありました。

結局札幌のソニーストアに在庫確認してもらったら

SEL50M28ならあるということでそっちを購入したのですが。

でも未だに1万円もしない、それどころか5000円or6000円以下なんですけど

そのレンズが気になっています。

 

どんなレンズかというとGIZMONのutulensというものです。

価格は4980円。Wtulensだと5980円。

これはインスタントカメラの写ルンですのレンズを再利用した単焦点レンズで

Eマウント以外にもいろいろなマウント用のものがあります。

 

Eマウント用のスペック

焦点距離:32㎜(Wtulensは17㎜) 

F値:16(固定)

フォーカスレンジ:1m~∞(Wtulensは0.5m~∞)

重量は数十グラム程度だと思います。

Wutulensの方はどうなのか分からないのですが、

utulensの方にはスキンシールが4種類ついているそうなので

着せ替えもできるみたいです。

 

正直僕はスペックはわりとどうでもいいなと思っています。

なぜそんなに気になるのかと言うと

昔はよく写ルンですを使っていたんですよね。

何気ない日常や中学校の修学旅行とかみたいなイベントの時などに。

それでまあ時代を感じたりチープだなと思ったりはしますが

そこが逆に好きだったりするんです。

 

それこそ最新機種でなにやってるんだっていう人もいるかもしれませんが

たまにα7Ⅲ+純正レンズでせっかく綺麗にとったものを

レトロな感じにしたりフィルム調にしたりっていうこともします。

 

まあそういうのともまたテイストは違うのですが

とにかくトイカメラ的なのも好きなのです。

あっという間に電池が切れるのでほとんど使いませんが、

今でもAGFAのトイデジも持ってたりします。

取り込み作業とかそのへんのルーティン的にもメインカメラで

綺麗にも撮れるしチープにも撮れるっていう方が

結果的に楽でいいかなっていうのもあります。

 

最近はまた写ルンですが流行しているみたいですよね。

現像に出して確認するっていう楽しみもあるし

あの懐かしい写りっていうのもいいものなので

ここって時にはまた使ってみたい気もしますが、

普段遊びでチープに撮りたいなって時は現像代もかからないし

このレンズがいいかなと思っています。

ということでいつかは購入するかもしれません。

どちらかというと広角で撮りたいのでWの方がより気になっています。

 

もし購入される方はEマウント以外のものもあるので、

それぞれ自分の持っているカメラのマウントのものを

お間違いないよう選んでくださいね。