光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

ワールドカップの日本対ポーランド戦を見て思ったこと。

試合結果は1対0で負けて、でも決勝トーナメントには進出できることになりましたね。

以前の記事にも書いたようにサッカーについてまったく詳しくはないので

ただの素人の感想になりますが、今日は一気にメンバーが変わってきて大丈夫かな?

と思ったのですが終始ヒヤヒヤしたしどんな意図があって大幅に変更したのかが

少し気になっています。

 

だいたいの人が気になっているのはそこじゃなくて、負けてる試合で

他試合の結果に賭けて積極的に攻めずにボールを回して時間稼ぎしたことを

どう思っているかなのでしょうが、

僕の意見はあの10分間くらいは見ていて面白くはなかったし、

後味の悪さみたいなものも若干あるけれど

それも1つの戦術であるのなら仕方ないのかなと思っています。

決勝トーナメントに進めて本当によかったとも思います。

正しいかどうかは分かりません。

でも次の試合も応援するしすごく楽しみです。

 

西野監督のインタビューで選手も本意ではなかったというようなことも

言っていたし、それこそ裏でセネガルが同点に追いついていたら

決勝トーナメントには進めず今の何倍も何十倍も強烈な批判を浴びることに

なるわけでそんな一歩間違えたら地獄のような展開になることも覚悟の上での

戦略だったらもう何も言えないんじゃないかなあと。

「結果がすべて」なんていう言葉もよく聞きますしね。 

 

そういうわけであんまり選手や監督が叩かれたりしなければ

いいなと思うし、誰かが責められるよりも

決勝トーナメントの進出ルールなどの方を見直して欲しいなと思いました。

 

 

 ワールドカップ過去記事。

www.sajikibou.com