光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

勢いでα7Ⅲ用に3軸ジンバル「MOZA AirCross」を注文した話。

以前に3軸ジンバルが欲しいけれどすぐには買えないかな

なんて記事を書いたのですがちょっとくらいなら無理をしてでも

早いうちに買った方がいいんじゃないかと思い立ち勢いで買ってしまいました。

 

3軸ジンバルについての話を改めてすると

α7Ⅲを購入した理由にまで遡らないといけないのですが、

僕がα7Ⅲを購入した1番の理由は写真と動画どちらも撮りたかったからです。

写真機としては以前使っていたものがNikonのフルサイズ機D750だったので

今回もフルサイズ機というのは譲れなくて、かつ4K動画が撮れて

なるべくコンパクト、その他諸々を考えたらα7Ⅲに行きついたわけです。

 

それで前にも書きましたがフルサイズ機で4K動画を撮るなら3軸ジンバルも

セットでの利用を考えるべきだと思っていたので

(手持ちだとボディ内手ブレ補正があっても限度があります)

購入時期は分からないにしてもいつかは絶対に購入するつもりでした。

 

今回急遽この「MOZA AirCross」を注文した理由は

手持ちで動画撮影するたびにもどかしい思いをしていたいし、

3軸ジンバルを購入しようという意思が長いことブレることはなかったので

それなら一日でもはやく使って慣れた方がいいなと思ったからでした。

さらには先日、動画と写真両方撮影する人にとってマストアイテムともいえる

ピークデザインのアンカーリンクスも購入したし

amazonのタイムセールで少しだけ安くなっていったのも後押しになりました。

 

前にも書いたのですがこの最大荷重1.8㎏クラスって少し前だと

どれも10万円前後くらいしたんですよね。

スマホ用のジンバルが2万円前後でこの5万円前後という価格帯だと

コンデジやすごく小さいミラーレス+パンケーキレンズが

載せられるクラスのものが主流って感じでした。

それが5万円を切ってレンズの組み合わせにもよりますが一眼レフ機も

載せられるんだから本当にすごいと思います。

 

少しの間DJIのRONIN-Sを待ってからにした方がいいのかなとも思いましたが

まだ価格も分からないしかなり重いっていう話を聞いたり

動画見たらけっこう大きそうな感じだったので

「MOZA AirCross」に決めちゃいました。

 

あさってあたりには届きそうなので少し触ってみたら

また追って「MOZA AirCross」についての記事を書きたいと思います。

 

カメラ1台で写真と動画どちらも撮るならピークデザインのアンカーリンクスも

用意した方が確実に便利です。

 

 3軸ジンバルについての過去記事はこちら。 

www.sajikibou.com