光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

SONYのミラーレス一眼カメラ「α7Ⅲ」用に三軸ジンバルが欲しい。

SONYのα7Ⅲを使い始めて1ヶ月くらいになりますが、

今日は今後欲しいと思っている機材について書いていこうと思います。

 

三軸ジンバル MOZA AirCross

α7Ⅲはボディ内5軸手ブレ補正を備えているので

写真を撮る際は「今のブレたんじゃないかな?」って思っても

しっかり撮れていたりするのですが、4K動画撮影では話が変わってきます。

5.0段といえども手持ちだとけっこうブレます。

センサーサイズからいってもそのへんは仕方ないと思うし

フルサイズ機で本格的な動画を撮るなら三軸ジンバルとの

セット利用も見据えないととはずっと思っていました。

 

でも三軸ジンバルってけっこう高かったんですよ。

ミラーレスとか一眼レフカメラ+軽めのレンズの重量でも

合わせると1㎏前後~1.5㎏くらいになったりするけれど

それに対応する機種になると10万円越えたりしてました。

だけどこのMOZA AirCrossは最大1.8kgまで載せられて

5万円切ってきたのでとても驚きました。

youtubeでいくつか動画もチェックしましたが、肝心の補正能力も

特に問題なさそうだったのですぐには無理だけどこれは欲しいです。

アプリで最適なパラメーターに調整してくれるっていうのも魅力的ですね。

今までいろんな機種のキャリブレーションっていうんですかね?

調整作業の動画見させてもらってきましたが、なかなか難しそうだったので

自動調整は初心者にはありがたいです。 

 

ピークデザイン アンカーリンクス

これは簡単にストラップの着脱を出来るようにするためのパーツですね。

普通にカメラストラップをつけたり外したりするのって

けっこう時間かかるじゃないですか。

ただ写真を撮るだけなら一度つけてしまえばあんまり外すこともないけれど、

上記の三軸ジンバルに載せる時などはストラップ外さないと邪魔になりますよね。

逆に動画撮影のみならずっと外しておけばいいけれど、

僕の場合は両方撮りたいのでこのアイテムは必須になると思います。

ストラップとセットになっているものとか何種類かあるので

単体で買うかセットにするか決めたらこの商品は近日中に購入する予定です。

単体は品切れみたいなのでセットのものをここでは貼っておきます。 

 

今のところ次にわりと大きな買い物をするとしたら

レンズか三軸ジンバルかって感じですかね。

 

ボディやレンズなどでお金を使い果たしたのでまた頑張ってお金貯めたいです。