光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

SONYの「α7Ⅲ」用のEマウントレンズどれを買うか悩む。

まだ「α7Ⅲ」予約もしていないけれど、

とりあえずNikonのD750を見積りに出しました。

大幅減額されない限りは手放してそのうち「α7Ⅲ」に乗り換える予定です。

 

それでここのところ、SONYのカメラについて調べてみたのですが

ボディはすぐ決まってもレンズ選びにすごく苦労しそうだなと思いました。

そう思った理由としては種類、価格、サイズが

他社比だったりコンセプトから考えて微妙な気がしたからです。

そういうわけで今日は興味を持ったレンズをいくつかあげてみようと思います。

詳しいスペックとかはソニーのサイトで見た方が早いので書きません。

購入前にこのページに書いたレンズをソニーのサイトで見比べて

決めるみたいな自分用メモみたいなものですね。

 

本題に入る前に「α7Ⅲ」にはボディ単体とズームレンズキットがあるのですが、

ズームレンズキットははじめから選択肢から外そうと思っています。

28-70㎜ F3.5-5.6のレンズですね。

自分で使ってみないことにはなんとも言えないけれど、

あんまりいい話を聞かないし実際に写真見てみたものの

惹かれるような写りのものはなかったです。

あとF値的にも結局わりとすぐに使わなくなりそう。

 

ただ単体で買うとたぶん5万円くらいするけれど、このレンズキットだと

実質2万円で手に入ることになるので試したい人はいいんじゃないかなと思います。

使ってみていまいちでもマップカメラの買い取り価格が2万円弱くらいだったので

損にはならないんじゃないでしょうか。

 

ということで本題に入っていきます。

価格は純正レンズの場合すべてソニーストアでの価格で書きます。 

 SEL50F18F

 これは50㎜ F1.8の単焦点レンズですね。

ニコン、キヤノンの50㎜ F1.8同様に撒き餌レンズなんて言われていますね。

でも三社の中では一番値段が高くて一番評価は微妙でした。

評判をみて気になった点はAFが遅い、パープルフリンジがよく出る、

駆動音がうるさいあたりですかね。

AFや音に関しては個人の感覚の差によるものが大きいと思うので

実際に触ってみたいところです。

買うとしたら1本目にって感じですかね。

ニコンの50㎜ f1.8は愛用していたのでそれとの比較もしてみたいです。

価格:30500円+税

 

SEL24105G 

 24-105㎜でF4通しということでこれはすごく便利そう。

軽量でAFが速い、駆動音も静かということで写真にも動画にもよさげみたいです。

僕の場合、写真と動画両方撮りたくてソニー機に乗り換えたいと

思っているので、これが本命かなと思います。

値段がなかなか高めなのとタムロンの28-75 f2.8が来てから

比較して決めたいかなという感じですね。

価格:149630円+税

 

NOKTON classic35mm F1.4

これはただただ写真の写りに惹かれました。

動画は分かりません。

マニュアルでじっくり撮るっていうのも楽しそう。

Eマウント版は電子接点搭載でExif情報とかちゃんと反映されるようです。

ボディ側の手ブレ補正も対応してるらしいです。 

見た目もシブくて所有欲が満たせそうですね。

価格:74640円(マップカメラ価格)

 

基本的にはせっかくボディが小型軽量なので出来る限りレンズも

同様であってほしいなとは思います。

今回の乗り換えは4K動画が撮りたいというのが1番にあるけれど、

多少のことは妥協してもなるべくコンパクトにしたいという趣旨もあるので。

 

純正レンズは1本持っておいた方がいいというのは僕もそう思うので

この中で組み合わせていく感じになるんでしょうかね。

 

でも比べた結果、タムロンとNOKTON classic35mmが欲しいってなったら

その時はテスト用のためにレンズキット購入もありなのかなと日々悩んでいます。

 

まあこういうのは悩んでいる時も楽しいですよね。

参考になるような内容ではないですが、現状僕が購入検討しているレンズの話でした。 

 

追記:最近ソニーEマウントレンズの完全レビュー書籍が出たみたいですね。

撮影の上手いphotoyodobashiの方によるものらしいので

レンズ選び自体にもすごく役立ちそうだし撮影にも色々と参考になりそうです。

レンズ選びの続きはこちら。

www.sajikibou.com

 

 激安Eマウントレンズの記事はこちら。

www.sajikibou.com

 

 「α7Ⅲ」の過去記事はこちら。

www.sajikibou.com