光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

昔のようにもっと未解決事件などの番組をテレビでやってほしいという話。

先日っていってももう2週間くらい経ちますが、

昔の番組とは若干違うけれど記憶喪失の人に関する情報を募る番組を

やっていましたね。

 

僕が子供の頃は行方不明者だけではなく未解決事件とか

指名手配犯の情報なんかも募る番組があったと思うんですけれど

最近はなかなかないですよね。

今の時代だったらネットとかでも情報が集まりやすいし

防犯カメラの画質も格段に上がってるし、科学技術捜査とかの発展も

すごいだろうから、そういうの頻繁に放送するだけでも指名手配犯なんか

精神的に追い詰められるんじゃないかなと思ったりします。

 

ネット時代だからこそ逆に嘘情報が瞬く間に拡散されたりという

デメリットもあるかもしれないけれど、悪質なものとかは

最近逮捕されたりもしているようなのでぜひ今こそ放送してほしいです。

失踪事件などでは昔から怪文書やら電話があったりしましたが、

今だったらそういう悪質ないたずらかもしくは犯人の仕業かも

しれませんがどっちにしても特定して捕まえる能力は

あるんじゃないでしょうか。

 

古い事件なんかは新たな証拠が出てくることはなかなかないのかも

しれないけれど、それでも風化を防げるというだけでも

意味はあるんじゃないかなと思います。

完全否定するわけではないけれど、出来れば霊能力とかそういうのじゃなくて

地道な警察の捜査と国民の情報提供メインで。

 NHKあたりでそういう国民のための有意義な番組が増えれば

受信料納得して払う人増えるかもしれませんね。

今でも年に何回かNHKスペシャル未解決事件シリーズはやっているけれど

趣旨はまた違う感じですもんね。

 

もしかしたらニュースを繰り返し垂れ流すよりも情報を募る番組の方が

事件解決に役立つような気がしますね。

例えば僕の家の近所で何か事件があったとして、ニュースを見ても

「そんなことがあったんだ。怖いな」とか「外出する時は気をつけよう」

って感じるくらいで、もちろんそれも大切なことなのですが

情報提供とかまではまず考えないような気がします。

情報を募る番組だったらもっと犯人の方にも目がいくというか

思考がまわるというかそんな感覚があります。

実際に情報提供となると慎重になるだろうし、

テレビ局にというよりは警察に直接するのだろうけど

それでも何か解決の糸口になるならそういった番組が

もっとあってもいいなと思います。

 

近年テレビよりネットという感じに言われることがよくあって、

実際僕もかなりの時間をネットに費やしています。

でも僕はテレビもなんだかんだ好きでよく見るし、

発信力でいえばテレビは絶大なものがあるので、

またぜひそういった番組を扱ってほしいなと思ったのでした。