光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

鍋パーティーに誘われて行ったらアムウェイの集まりぽかった話。

まず最初に書いておきたいのはアムウェイとかの話が出てくると

「論破してやったぜ」みたいな武勇伝的な感じの記事が多いと思うんですよね。

そういうのは読んでてスカッとするとは思うんですけど

実際はそんなドラマ的な展開もなかったので

今回はそういう強気な記事ではなく、

淡々とした潜入レポート? みたいなものになります。

 

誰に誘われたのか?

mixiの地域型のオフ会で知り合ってよく遊ぶようになった人達のうちの1人で

以降はAさんと書くことにしましょうか。

mixiオフ会などのことは過去に書いたことがあるので最後の方にでも

記事リンクを貼っておきます。

 

そのオフ会で出会った人達とは前にも少し書いたんですけど

しょっちゅう飲みにいったりしたしカラオケ、ボウリング、誕生パーティーも

開いてもらったりしてだいぶ仲良くなったんです。

Aさんもだいたい参加してておなじみの感じだったので、

鍋パーティーの時もいつもみたいなノリで行きました。

 

場所と参加者 

場所はBさん宅。Bさんって初対面の人なんですけどね。

でも特に不審に思うことはなかったです。

なんでかっていうとよく分からないけれど、

当時はわりとホイホイどこにでも飲みに行ってたり

誘ってきたAさんの職場も含めて身元がはっきりしていたのとかが

あったからなんでしょうかね。

まあでも最近は何があるか分からないですからね、気をつけた方がいいですよ。

 

それで参加者は

Aさん:誘ってきた人で仕事は国家資格がないと出来ない仕事をしてる人でした。

仕事だけで十分いい暮らしができるレベルだと思います。(ア)

 

Bさん:この人は初対面なので本当かどうか分からないけれど

本当だったらたぶんかなり儲かってそうな業界の人でした。

けっこういいところには住んでましたね。(ア)

 

Cさん:Aさんと関係がある人だけどぼかしておきます。

職業もAさんと近い感じのものでした。(ア)

 

Dさん:Cさんの恋人。職業不明。(△)

 

Eさん:個人事業主。見た目はけっこう怖そうだけど実際はそうでもなかった。(×)

 

それぞれの人の後ろに()をつけてア、△、×と付けたのですが

これはアの人は間違いなくアムウェイの人で△はこれから参加というのか

入会というのかそういう感じの人で×はアムウェイの人ではないという意味です。

まあ△と×は僕が会話を聞いていてそう判断しただけで実際はどうか分かりません。

 

本編

まず鍋パーティーはちゃんと行われました。

調理器具とか洗剤とかを見た時に僕は「あっ」と思ったんですよね。

でもその時点ではBさんはアムウェイをやっている人なんだなって

くらいの感想しかなかったです。

Aさんとは何度も飲みにいったり遊んだりしていたけれど

これまでアムウェイのアの字も話題に出たことがなかったですからね。

 

実際に鍋パーティーの途中まではただの飲み会とそう変わらないような

他愛のない話ばかりでした。

鍋を食べ終えて皆ほろ酔いになってきたところでカタログを

ペラペラめくって見たりセミナーだか集会がどうのとかいう話が

始まった感じです。

Aさんもけっこうノリノリで話しててその時に初めてAさんも

アムウェイをやっていると知りました。

それまでは本当にまったく気づきませんでしたよ。

 

Dさんが次回初参加するみたいでなんかDさんにあれこれ説明してましたね。

Dさんは僕に「大森浜くんもアムウェイやってるの?」って聞いてきました。

僕が「僕はやっていないです」って答えるのと同時に

Dさんの恋人であるCさんも気まずそうに苦笑いしながら首を

振っていたのを今でもよく覚えています。

Eさんも「ちなみに俺もやってないよ」って答えていたし

アムウェイの話の輪には入っていかなかったのでEさんは違うと判断しました。

 

ここで言ってしまうとこの鍋パーティーで

僕はアムウェイの勧誘一切されませんでした。

嫌悪感みたいなのが僕の表情にでも出ていてやめたのか

そもそもはじめから勧誘する気はなくて純粋に鍋パーティーに呼んでくれたのか、

他の意図があったのかは分かりませんが謎の集まりでした。

Eさんも誘われている様子はなかったです。

Dさんは迷っていて背中を押された感じだったのかもしれません。

 

もし僕が勧誘されていたらその日限りで縁を切っていたでしょうね。

他人が自分の意思でやってる分には別にいいけれど、

僕はやる気がまったくない上に鍋パーティーと称して

勧誘されたりしたらやっぱり気分が悪いですからね。

 

どっちにしても今は縁が切れているけれど、それはAさんに限ったことではなく

mixiであれだけ頻繁に遊んでいた誰とも連絡は取っていません。

ただ、1番楽しかったSNSはmixiだったということは変わらないですけどね。

 

mixiの過去記事はこちら。

www.sajikibou.com