光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

独学でピアノを始める際の楽器選びについて。

少し前に「大人が独学で始めるピアノ体験談について。」という記事を

書いたのですがそこそこ検索から読みに来てくれる方がいるようなので

もう少し掘り下げてみようと思います。

 

楽器選びについて

まず第一に楽器がないと始まらないですが、

ここはある程度時間をかけてじっくり調べるべきだと思います。

たぶんいきなりグランドピアノとかアップライトピアノを買う人は

そうそういないと思うのでもう少し絞って書きます。

 

最初の選択肢として大抵キーボードか電子ピアノになると思いますが

鍵盤数も61鍵、76鍵、88鍵など色々あります。(もっと少ないものも)

基本的にはアコーステッィクピアノと同様に88鍵のものを買っておくのが無難です。

88鍵すべてを使うこと自体はほぼないと思いますが、

鍵盤数が少ないと「1オクターブ下のドが出せない。ミが出せない」みたいな場面に

遭遇することもそのうち出てくることがあると思うので。

厳密にいえば機種によっては鍵盤が少なくてもオクターブ機能や

トランスポーズ機能とかで対応することはできるんですよ。

でも演奏の途中でボタンを押して切り替えるのとか煩わしいじゃないですか。

それならやっぱりはじめから88鍵のものを用意した方がいいと思うんですよね。

 

次に鍵盤についてですが、これは以前の記事でも少し書いたのですが

あくまでピアノを弾きたいならキーボードよりも

ハンマー式の電子ピアノを選んだ方がいいです。

軽い鍵盤のキーボードとはタッチがまったく別物ですので。

そしてハンマー式ならなんでもいいというわけではなくて

ちゃんと低音が重め、高音にいくにつれて軽くなっていくような

本物のピアノに近い機種を調べて選んだ方がいいと思います。

安い機種だとすべて一定の重さのものもあるようですし、

逆に高いものだと微妙なタッチの変化もセンサーで感知してくれて

繊細な演奏が可能なそうです。

ちなみに僕は少し古い機種なのですがYAMAHAのP140という機種を

ずっと使用しています。

当時10万円ちょっと(本体のみ価格)で標準的なグレードの鍵盤の機種です。

 

 電子ピアノだとYAMAHA、KAWAI、ROLAND、KORG、CASIOあたりが

メジャーでしょうか。

僕がこの中でYAMAHAを選んだ理由はやっぱりピアノメーカーとしても

有名だし安心できそうだからでした。

 

正確な言葉は覚えていないのですが、

昔レコーディングスタジオのエンジニアしてる人の話を聞いた時に

YAMAHAの楽器は信頼できるみたいなこと言っていたのも

あってそんなに迷いませんでした。

個体差とかはあるだろうけれどそこそこ長いこと使っていて

うちのP140は実際まだどこもガタが来ていないですね。

 

ピアノメーカーとしてはKAWAIも有名だけれど

音が明確に違うと思っているのでそこは好みですね。

僕のイメージとしてはYAMAHAはキラキラした音に対して

KAWAIは落ち着いた音って感じです。

あくまで個人的な感想ですけどね。

 

まあ音とかタッチとかは実際に自分で触れてみていいなと思ったものを

選ぶのが一番だと思うので一意見として参考にしてもらえたら幸いです。

 

電子ピアノを弾く際の注意点 

ここは電子ピアノを選んだと仮定して書きます。

僕は素人なので技術的なアドバイスは一切できないですが

電子ピアノを弾く際の注意点が一つあります。

電子ピアノだとヘッドフォンをつけることができるので

それで騒音問題などはクリアできると思うじゃないですか?

確かにヘッドフォンをすれば演奏音は自分にしか聴こえなくなりますが

その他に打鍵音というものがあります。

ハンマー式の鍵盤はそこそこ重いのでやっぱり鍵盤を押した時に

ゴッゴッて音が鳴るんですよね。音というか振動なんですかね。

それがマンションとかだと下の階に伝わったりするので

その点も気をつけた方がいいと思います。

 

具体的にどうしたらいいかというと効果がどれほどあるか

あまり分からないけれど防振マットを床に敷くとかですかね。

僕はなるべく夜遅くに弾かないことにしていて、

それが一番の対策な気もします。

 

それでは今日はこのへんでまた何かあったら追記するなり新たに書きますね。

 

 大人が独学で始めるピアノ体験談についての記事はこちら。

www.sajikibou.com