光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

2017年最後に今年の欅坂46のことを少しだけ振り返る。

2017年最後の記事はどうしようかなと思いましたが、

欅坂46について書くことにしました。

 

今年前半のことはもはやあまり覚えていないのですが、

2017年の欅坂はじめはCDTV年越しプレミアライブか何かと

菅井様とあかねんの気象情報だったと思います。

 

春くらいになって坂道AKBの「誰のことを一番愛してる」に

てち、ねる、ずーみん、菅井様、ベリカ、ベリサが参加したり

「不協和音」が発売されて、その頃にずーみんが休養することになって

ずいぶん心配しました。

 

1度は復帰したものの残念ながら再度の休養で今日の紅白歌合戦にも出演しません。

僕はどれだけ時間がかかっても待っていたいと思うので

急いで復帰しなくちゃとか思わずゆっくり治してほしいです。

ファンだったら誰もが早く戻ってきてほしいと思うのは当然だと思いますが

1番大事なのは1日でも早く戻ってくることではなく、

しっかり治して確実に戻ってくるということだと思います。

 

てちとずーみんは今年いろいろ言われたんじゃないかなと思います。

てちは特にポジション的に良くも悪くも世間の注目を集めますしね。

最近はテレビ出演するたびに批判の声もよく耳にします。

 

でも僕はてちも好きだし、てちに関してはマイペースに応援していこうと思います。

神格化せず全肯定もせずに全否定もしない。叩きコメントに反論もしないし

盲目的に擁護する人の味方もしません。

twitterでも呟く時があるけれど、自分がその時のパフォーマンスを見て

どう思ったかだけでいいかなと。

 

雑誌のインタビューとかで胸の内をいろいろ語ったりしていて、

「なるほど、そういうことだったんだなあ」っていうのはあるけれど

自分の心の中だけにとどめておきたいことだっていっぱいあるだろうし、

実際にそうしているとも思います。

本音をいうと心配することもあるけれどあれこれ考えても仕方ないので

世間の声に流されずに自分なりの応援をしていきます。

 

楽曲に関してですが、「不協和音」より「エキセントリック」、

「風に吹かれても」より「避雷針」といった感じで

どちらもカップリングの方が好きでした。

アルバムはもっと時間をかけてもう少し先でもよかったかなと思いましたね。

2018年は二人セゾン路線の曲が聴いてみたいです。

 

最近はねるが飛躍してるなあと思います。

写真集の売り上げもすごいみたいだし外番組でも活躍していますしね。

この調子で来年も頑張ってほしいですね。

 

菅井様は今年たぶんキャプテンとしてすごい心労があっただろうなあと思いますが

2018年もっといろんなところで活躍する姿をみたいです。

メンバー全員1人1人が輝いてほしいですけどね。

 

ということで2018年も欅坂46の活躍を楽しみにしています。

 

 2017年紅白歌合戦の欅坂46についての記事はこちら。

www.sajikibou.com