光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

あまり料理が出来ない僕の美味しい親子丼の作り方。

僕はあまり料理が出来ないのですが簡単なものくらいは

自分で作って食べます。

今日はその中で一番美味しく作れている気がする親子丼について

料理中の画像を添えて書きたいと思います。 

分量とかけっこうざっくりしていますが、

途中で味見をして調整することによりだいたいなんとかなります。

 

包丁も玉ねぎを切る時くらいしか使わないので本当に簡単です。

それでは始めていきます。

 

 

 

1.用意するもの。(2人前用)

・めんつゆ

・みりん

・水

・ざらめ(普通の砂糖でもOK)

・玉ねぎ1個(サイズによる)

・鶏モモ肉(小口切りを買うと便利)

・卵4個(量が気になったらたぶん3個でもOK)

 

2.味付け。

味付けはめんつゆの種類によって少し違ってくるので

まずラベルを見て薄める割合を確認します。

今回僕が使ったのは丼ものを作る時は4:1の割合がいいと書いて

あったのでそれに従います。僕は2:1のものがなんとなく楽です。

そんな感じで合計100ミリくらいのつゆを作ります。

次にみりんを50ミリくらい足して、ざらめを小さめのスプーン2杯くらい。

 

3.作っていく。

先ほど作ったつゆをフライパンに入れて切った玉ねぎを投入して煮込んでいきます。

f:id:tenjousajikibou:20171211130634j:plain

この時点で味見をするのがいいと思います。

後から鶏肉や卵がけっこう入るので、少し濃いめくらいの味に

しておくとちょうどよくなります。

 

味見が終わったら次に鶏モモ肉を入れます。

小口切りなのではじめからこのサイズです。

まな板も包丁も汚すことなく、直接入れられるので

手間いらずで時短にもなります。

玉ねぎを切る時にどちらも使うけれど、生肉を切った時と

野菜を切った時では洗う時の念入り度が違うじゃないですか。

 

ということでじっくり煮込んでいきましょう。

f:id:tenjousajikibou:20171211134025j:plain

 卵を入れてある程度、煮込んでいった画像がこちら。

これは4個いっぺんに入れましたが、最後の1個を目玉焼きみたいに

上に乗せて潰してトロッとっていうのもいい気がしています。

f:id:tenjousajikibou:20171211134709j:plain

 このくらいになったら火を一番小さくして蓋をかぶせて蒸す感じにします。

そしててきとうなところで火を止めて完成です。

あんまり火をかけすぎると固くなってしまうので、ほどほどに

ふんわりしたところで止めた方が僕は好きですね。

 

ちゃんと時間を測ったりはしていないですが、トータル30分くらいでしょうかね。

f:id:tenjousajikibou:20171211135312j:plain

こんな感じで見た目はまあいまいちですけれど、

ふわとろで美味しい親子丼ができました。

 

簡単で美味しいので月に何回か作って食べています。 

そんな感じで僕の親子丼の作り方終わります。