光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

medi8審査対策用のメモを作ってみる。

少し前に「medi8の広告収益とメリット・デメリット」という記事を

書いたのですが検索などから定期的に見に来てくれている方がいるので

審査用に更に掘り下げてみようと思います。

追記で質問等があれば出来る限り答えます的なことを書きましたが

メモを作った方が手っ取り早そうな気がしたので

ここで完結できるよう頑張ってみます。

 

medi8の審査はコンテンツ不足などの理由で却下されることは

ほぼないと思うので却下されたとしたら以前にも書いたように

広告サイズの選択ミスやURLの間違い等ケアレスミスが大半だと思うんですよね。

 

以前デメリット欄に書いたように審査に時間がかかる場合があるので

なるべく万全の準備をしてから臨んだ方が結果的に早く収益化できると思います。

これから申請する方やなんらかの理由で却下されてしまった方は

ここでもう1度確認してみてください。

それと前回の記事では言い忘れましたが、はてなブログProじゃなくても

収益化できるというのもmedi8のメリットだと思います!

 

それでは始めましょう。

 

 

1.広告のサイズ。

 たぶんここが一番ひっかかりやすいところなんだと思います。

広告のサイズを申請する時に20種類から選べるようになっているんですよ。

でも「よくあるご質問」というページを確認すると

パソコン 728x90 / 300x250 / 160x600 / 120x600 / 468x60
モバイル 320x50 / 300x250 / 320x100

*これ以外のサイズを選択されますと却下されますのでご注意ください。

 という記述があるのですよ。

これを見落として上記のサイズ以外で申請すると却下されるので注意してください。

2.URLのミス等。

 これはコピペすれば間違いないと思うのですが、サイトのURLを

変更したら再申請するように書かれていたのではてなブログProにして

独自ドメインに変更した時に再申請したら全却下されました。

なので合格後に独自ドメインに移行した場合は再申請ではなくて

旧URLの部分を新ドメインに書き換えたらOKなのだと思います。

ここに関しては定かではないのですが僕はそれで運用していたけれど

ちゃんと収益化はされていたようです。

不安な方は運営に確認するのがいいと思います。

 3.その他の欄。

広告位置は貼り付ける場所ごとに選択して作っておく必要があります。

時間がかかるのでヘッダーやフッター、記事下、サイドバー等

あらかじめ使うと思うところは申請しておくのがいいですね。

ファーストViewはヘッダーを選択した時にチェックを入れておけばOKです。

そして大カテゴリで不明を選択するのもだめらしいので

それ以外で何かしら自分のテーマに近いものをしっかり選んだ方がいいと思います。

 

 

僕はこれで全部いけましたのでよかったら参考にしてみてください。

 

 

こちらが過去記事です。

www.sajikibou.com