光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

コスプレカメラマンになる方法と注意点。

今日は先日に続きコスプレ関連の記事です。

一応ゼロから実際にカメラマンとして参加するまで、

そして注意点を書いてみたいと思います。

注意点は特に大事だと思うので中見出しをつけて解説しています。  

 

1.まず何をしたらいいの?

一番最初はSNS登録をする。

 僕が登録しているのはコスプレイヤーズアーカイブ(以降アーカイブ)と

twitterですが、ここではアーカイブの方に焦点を絞って書きます。

 

アーカイブの登録が済んだらまずプロフィールを充実させます。

活動地域や好きな作品、撮影機材等の他に撮影データの扱いなどを

しっかり明記しておくと安心してもらえると思います。

撮影データの扱いは、例えば「1週間程度でレタッチしたものをお渡しします」とか

「翌日には無編集のRAWデータを送ります」とか編集の有無やお渡し予定なんかを

記載しておくといいのではないでしょうか。

ちなみに僕の場合は過度にいじらずに露出やホワイトバランスとかを

少し調整してjpgで渡す感じです。

自分で編集したいコスプレイヤーさんの場合はRAWデータをそのまま渡します。

 

プロフィールが完成したら次は作例を用意するといいと思います。

人物じゃなくて風景でもどんな感じの写真を撮っているのか分かった方が

コスプレイヤーさんも依頼しやすいと思うので作例はしっかり載せておきましょう。

 

次は同盟に参加する。同盟っていうのはコミュニティみたいなものですかね。

はてなブログで言うとグループにあたるのかな?

 自分の活動地域の交流同盟や好きな作品の同盟などに入って参加挨拶だとか

コメントを残しておくといいと思います。

 

あとは同盟で「○○の作品を撮ってくれるカメラマン募集しています」みたいな

案件に応募してみたり逆に自分で募集かけてみたりっていう流れですかね。

僕の場合は同盟でのやりとりではなく、作例を見て

メッセージくれた方がいてその流れで初撮影になりました。

 

最近はtwitterでの募集の方が活発かもしれないですね。

でも撮影経験ゼロでいきなりツイート応募はかなり難易度が高いと思います。

2.撮影が決定したら。

1番の流れで撮影することが決まったらメッセージなどで事前打ち合わせします。

撮影日時、場所、作品、シチュエーションなどのざっくりとしたイメージ等。

撮影はだいたいスタジオかイベント会場、外ロケイベント、個撮ロケになります。

個撮ロケの場合は自分たちでしっかりロケ地の利用許可を得ないといけません。

でも最初はスタジオが多いのかなと思います。

 

スタジオにはシェア型と時間貸し切り型みたいなのがあります。

シェア型だと他の利用者と譲り合いながら撮影します。

貸し切り型だとどちらかというと割安な大人数での撮影の方が多いと思います。

 

大人数での撮影やイベントの場合は名刺を用意しておくといいですよ。

人がたくさんいると1回で顔と名前覚えられないかもしれないし、

帰宅後データのやりとりや連絡がスムーズにできるようになります。

twitterなどでも繋がりやすくなりますしね。

 ただ、大人数だと進行とかが大変になるので最初は少人数とか

個撮の方がいいかもしれないです。

 

3.撮影当日。

撮影当日のことはたぶん進め方はそれぞれだし、ここまで来たら

そんなに書かなくても大丈夫ですね。

twitterのDM、LINE、スカイプ、メールなんでもいいので

なにかしらの連絡先は交換しておく。

まあ面倒でなければアーカイブのメッセージでも大丈夫ですね。

気をつけるのは待ち合わせ時間を守って忘れ物をしないくらいでしょう。

撮影が始まってしまえばあとはそれぞれのフィーリングですからね。

とにかく事前打ち合わせさえしっかりしとけば問題ないと思います。

 

撮影の途中で都度「こんな感じで撮れてますよ」と

カメラの画面で画像を見せてあげたりするといいと思います。

 

4.最後にコスプレ撮影するにあたっての注意点。 

・必ず撮影データは渡す。遅くなる場合はその旨伝える。

これは当然のことのはずですが、たまに撮影したっきりで

いつまでたってもカメラマンがデータを渡してくれなくて困っているという

コスプレイヤーさんを見かけます。

それはあまりにもかわいそうだし、カメラマンとしての信頼も失うわけなので

しっかり渡してあげてほしいですね。

仕事やその他の都合で渡すのが遅くなる場合も連絡してあげた方がいいです。

 

・善意であってもコスプレイヤーに触らない。

例えば衣装にゴミとかがついていたら取ってあげたくなるところですが

無用なトラブルを避けるために「そこにゴミついてますよ」と

教えてあげるにとどめた方がいいと思います。 

善意のつもりが触った触らないみたいな問題に発展するのは嫌ですもんね。

 

・出会い目的で行かない。

コスプレイヤーと仲良くなりたい。かわいい子と知り合いたいっていうのは

よく分かるのですが、コスプレ撮影にはそういう感情を

持ち込まないようにしましょう。撮影を楽しんでください。

最悪「このカメラマンは出会い目的なので注意してください」みたいな

ツイートが全世界を駆け巡ることになります。

こういうツイートわりとよく見かけます。

 

質問があったら分かることは答えますが、だいたいこんなところでしょうかね。

 

1番過酷だったコスプレ撮影の記事はこちら。

www.sajikibou.com

 

 今日はさっそく目次を利用して書いてみました。

 

明日の記事:内容未定