光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

欅坂46の5thシングル『風に吹かれても』TYPE-Cが届いたのでちょっとした感想。

映像特典に関しては楽しみにしている方もいるかもしれないので、

サラッとよかったと思った点を書くにとどめようと思います。

 

風に吹かれてもは普段そんなに聴かないタイプの曲なので

聴き慣れるまでは正直あんまりピンとこない気がするけれど、わりと爽やかで

明るめで今までの世間のイメージがもしかしたら覆るかもしれないと思います。

不協和音はともかくセカアイや二人セゾンの後も世間では「笑わないアイドル」と

言われ続けてきたので今回も覆らないかもしれないけれどもしかしたら。

 

それでも歩いてるはフォークとかも好きだし曲としては好きだけど

女性アイドルとの相性はあまりよくないのかもと思いました。

可愛らしさとかよりは力強さとかちょっと暑苦しいくらいの熱量で

声が枯れるくらいがなる感じが似合いそうな曲だと思います。

 

避雷針は3曲の中で1番好きです。こっちが表題曲でもいいと思うくらいです。

ただここ最近だと不協和音やエキセントリック、月曜日の朝、スカートを切られた

などの流れがあるのでマンネリを防いだりこれ以上のイメージ固定を避けるなら

風に吹かれてもが表題なのはすごくいいのかもしれませんね。

避雷針は音だけでもストーリー性みたいなのを感じられるのと

ベースと何種類かある鍵盤の音が気持ちよくて何度でも聴けます。

もちろんメンバーが好きなので歌も聴きますがインストverも楽しめます。

 

特典映像はグループ発展祈願の旅~埼玉編~です。

バラエティー1本分くらいのボリュームがあってとても満足感がありました。

オダナナはその場にいなくてもいじられるんだなあとか

てち&めみの顔出しパネルが可愛いとかその他全然飽きることなく

最後まで楽しめます。

てちの笑顔を少しでも見たい方にはおすすめできると思います。

 

※すべて個人的な感想です。

 

生写真は長沢くんでした。

 

風に吹かれても(Type-C)(DVD付)

風に吹かれても(Type-C)(DVD付)