光さす庭にて。

日々何かしら綴っていきます。

桜庭裕一郎の「ひとりぼっちのハブラシ」のストリングスアレンジがめちゃくちゃいいという話。

音楽評論家でもなんでもないので、ふわっと話していきます。

まず桜庭裕一郎とはドラマ「ムコ殿」でTOKIO長瀬智也さんが演じていた役名で

ひとりぼっちのハブラシ」はそのドラマの主題歌なんですが編曲が

ものすごくいいんですよね。

CDにはBacking Trackも収録されていてそっちだけでも

ひたすらリピート視聴できるくらい素晴らしいです。

静かに始まって徐々に盛りあがって2番目からストリングスが全体的に

目立ち始めます。

この目立ち方が絶妙です。本当に過不足ない感じ。

地味でもなく派手過ぎでもなく他のパートを邪魔することなく

だけどしっかり主張する。どことなくクラシカルで知的な感じさえします。

ぜひ一度ストリングスに注目して聴いてみてもらいたいです。

 

結局聴けば分かるって話で音楽を言葉にするのは難しいんですね。

思った以上にふわっとなりました。

でもふわふわーっと続けていきます。